投資

楽天証券での高配当株発見方法!!〜後半戦〜

この記事ではそらがやっている高配当株発見方法について載せています。

こんばんは!!そらです!!

今回は高配当株発見方法の後半戦です!

前半を読んでいない方はまずそちらを!

楽天証券での高配当株発見方法!!〜前半戦〜 この記事では楽天証券ユーザー向けにそらが実際に行っている株の見つけ方を紹介しています。 こんばんは!!そらです!! 皆...

それでは早速いってみましょう!

IR Bankの活用

前回まででかなりヤバめな高配当株を削った高配当株をリストアップさせることに成功しています!

そこで次に行うのは実際の企業の状況チェックです◎

本来はひとつひとつ企業のホームページに行って、投資家向けのページに行って一年一年の報告書を丁寧に読んで比較して、、、、

世の中

そんなん一個一個やってたら日が暮れるよ!!!

そら

そうゆうツッコミ待ってました!!

これを何十社もやっていたら本業なんかやってられません。

でも、大丈夫!

それをぜーんぶまとめてくれているサイトがあるんです!!

たまに米国株のIRをホームページで見るのですが、リアルに一社1時間とかかかります。

それをこのサイトならたった5分弱で一社見終わります!!

いや、これ本当にすごいことなんですよ!

ということで、このサイトを別タブで開きながら次に進んでください!

活用方法

まず、IR BANKに行ったら好きな企業を調べるのですが、今回は

ネオモバイル証券で日本株!!! そらが新たに始めた投資運用についての記事です。初心者にはこの記事、おすすめです!! こんばんは!!そらです!! 現在は...

この記事でも使った【9433 KDDI】を使って説明していきます!

IRBANK

IR BANKにて9433と検索するとこのように出てきます!

ここで見たいのは、○で囲んだ【決算】という項目です!

決算をクリックすると色々なグラフが出てきますが、全部見ていたらキリがないので、その中からいくつかピックアップします!

注意して見る項目
  • 売上高(営業収益など言い方多数)
  • EPS
  • 営業利益率(楽天証券のスーパースクリーナーを使っているなら省いてOK)
  • 自己資本比率(楽天証券のスーパースクリーナーを使っているなら省いてOK)
  • 営業活動によるCF(キャッシュフロー)
  • 現金等
  • 一株配当
  • 配当性向

売上高

これは企業により言い方が違うのですが、大体一番上に出てくるグラフです!

ここでのポイントは右肩上がりか!!

せめて上下動の激しくないものを選びましょう!

その時々によって売上が増減する会社が安定して株主に配当を出せると思いますか??

そんなわけないので、安定しているかどうかをチェック!

EPS

これはスーパースクリーナーで絞った項目なのですが、あれだと直近0以上になっているので、

ここでは先ほど同様順調に上がっているかを見ます!

これは要するに利益を見ているので、マイナスは論外、できれば成長してほしいところ!

ただ、意外とこれ右肩上がりのところめっちゃ少ないです。。。

営業利益率と自己資本比率も重要ですが、スーパースクリーナーにて最低限は保証されているはずなので、

スルーしてもOKです!!

営業活動によるCF

これはその一年間の仕事で黒字の仕事をしているかです!!

もちろん仕事しているのに赤字で終わっているなんて将来性が不透明すぎるので、

ちゃんと毎年黒字で頑張っているかを見ます。

ちなみにそらがいつもお世話になっている本当の自由を手に入れる お金の大学 [ 両@リベ大学長 ]では

「このグラフで一個でも赤字のやつは絶対に組み込まない!!」

と言っていましたね。。

そらはギリギリ赤字のものとかは少し許容しています!

現金等

これは言わなくてもわかると思います!!

そら

現金を持っていない企業なんてまともじゃない!!

これもちゃんとプラスを維持しているところにしよう!

一株配当

これは今までどれだけ配当金を出してきたかがわかるグラフです!

これが右肩上がりなら増配中、一度でも下がっていたら減配経験ありです。

今回のコロナやリーマンショックのような大打撃なら少しの減配はやむを得ないですが、

減配を簡単にする銘柄は高配当株投資には向いていません!

だってもらう見込みを立てやすいのが利点なのに簡単にそれ崩されちゃたまったもんじゃないですからね!笑

ただ、現状維持は許します

このグラフには突然の上昇を記録している銘柄が多々あります!

  • めっちゃ業績UPで増配
  • 企業の周年祭や株主還元祭など、記念ごとでの増配

1つ目なら投資する価値ありですね!

2つ目は絶対に投資してはいけません。理由は分かりますね。

これを見分けるのはこのサイトの情報を詳しく見る実際に企業のHPでIR情報を見に行くかです。(めんどくさい笑)

配当性向

【配当性向】とは利益のどのくらいを配当金に回しているかです!

そもそも配当金は会社が生み出した利益をわざわざ削って投資家に捧げているお金ですね。

そのため、この【配当性向】でその利益をどのくらい削ってまで投資家に分けているか、

また、今の配当金が無理をして払っていないかを見極めます!!

もし仮に90%を越えようものなら、次の配当金は事業が当たって利益が増えないと安全な増配が見込めませんね!

無理して増配し続ける=100%をいつか超える=利益+企業の利益以外のお金を使って配当を出す

これが成り立つので、いつか必ず減配します。

そのため、せいぜい70%くらいまでで常に抑えられていた方が良いとそらは考えます!

低いに越したことはありませんが!笑

以上、IR BANKで見るべき項目の紹介でした!

実際に日本株を買うのは楽天証券ではなく、

【SBIネオモバイル証券】がおすすめです!

楽天証券だと初心者のお金では到底足りません。あと手数料も。。。

IR BANK後

もし仮にここまで見てこの株は安定していて今後が期待できそうだと感じられた企業があるとしましょう!

そしたら最後はもう一度楽天証券に戻ります!

最後に見るべきは

  • チャート
  • 四季報
  • (業績)

この3つです!!

チャート

これは初心者でも分かりますね。

そらは長期投資前提なので、5年と1or2年のチャートを見ています!

これはどう投資するかによって変えた方が良いです!

これで今はどのくらいの位置の価格なのか、上昇中なのか下落中なのかおおざっぱで良いので、読み取りましょう!

長く安定して上昇中なら買っておいて損はなし◎

ずっと下落中ならもう少し待ってみる!などの工夫をすると良いですね!

初心者に逆張りはおすすめできませんから(汗)予想が当たる可能性が低すぎます。

四季報

楽天証券の銘柄ページにはこんな項目があります。

四季報は企業の現状を初心者でも分かりやすく簡単に解説してくれています!

【】で括られたところで大体その企業の現状がわかりますよ〜

ここでやたらやばい言葉が括られていたら危険かも。。。

業績

業績の項目も天気マークで分かりやすく教えてくれています!

ただ、業績を()にしたのはこれがある企業とない企業があるんです!!

ちなみにKDDIはなかったので、この画像だけ違う企業のものです。

そのためなかったらなかったでスルーしてもOK!

ここまで散々業績も見てきているので!

まとめ

これでポートフォリオ育成マシーンの行程は全てです!!

最初から最後まで行くと長いのですが、ご安心を笑

高配当銘柄はやばい銘柄が多数なので、大体IR BANKの時点で消滅します

特に現在、良い企業は既に価格が高騰しているので、利回りが良くなくなっているんです!

そのため、そらの経験上、今IR BANKで見るとほとんどボツです!!!!

だから今はやっぱり高配当株投資はペースダウンした方が良さそうですね〜

でも、今から始めるという方は利回りを4%から3.5%に落とすなどして健全な銘柄に投資することをおすすめします!

全く株を持たないというのも今後より株が上昇するという可能性を考えると勿体無いですから。

最後にポイントだけまとめて終わります!

IR BANK注目ポイント

項目基準
売上高右肩上がり
EPS右肩上がり
営業利益率スルーOK
自己資本比率スルーOK
営業活動によるCFよっぽどな赤字なし
現金等赤字なし
一株配当右肩上がりor平行線
配当性向ギリ70%以下

楽天証券での現状の見方

  • チャート:人によりスパンは変える
  • 四季報:【】の中の文字に注意
  • (業績):お天気マークを参考に

これまでお疲れ様でした!!

これを参考に自分だけの最強ポートフォリオを作って見てね!!

実際に日本株を買うのは楽天証券ではなく、

【SBIネオモバイル証券】がおすすめです!

楽天証券だと初心者のお金では到底足りません。

解説記事はこちら!!

ネオモバイル証券で日本株!!! そらが新たに始めた投資運用についての記事です。初心者にはこの記事、おすすめです!! こんばんは!!そらです!! 現在は...

もっと読みたいと思っていただけたらSNSのフォローもぜひお願いします!

そらでした〜

そらも使っている少額投資向き証券会社

▼日本株の少額投資はこれがオススメ▼

SBIネオモバイル証券

詳細ページ

手数料もほとんどTポイントで返ってくるので、ほぼ無料で取引できます◎

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。